So-net無料ブログ作成
検索選択

いつかある日 [草笛]

たいへん痛ましい事故が起きました。
この歌の歌詞のようには決してなってはいけない、若い命が多く失われました。
新雪の斜面を歩くなどとは雪崩をおこしにいったようなもので、さらに多くの犠牲者が出てもおかしくない状況だった。
引率責任者の罪は重い。

ご冥福を祈ります  合掌


いつかある日
山で死んだら
古い山の友よ伝えてくれ

母親には
安らかだったと

男らしく死んだと
父親には
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 4

草笛:はっちゃん

yoshiさま

やはり同じ気持ちですね!
私も先ほどこの事で、短かい記事ををアップしたところです。
ほんとうに多くの若い大切な命が・・チョットした不注意で。
切な過ぎます。
亡くなった人も親の気持ちを思うと悲し過ぎます。
やり切れない想いです。
by 草笛:はっちゃん (2017-03-29 10:50) 

yoshi

はっちゃん様

朝の番組で、二人の父親が気丈にインタビューに答えていたのを見て涙が出ました。
まさか我が子が・・・という思いでやりきれない気持ちだと思います。
準備に準備を重ねても、熟練した高名な登山家でさえ命を失うことがあるくらい危険を伴う冬山登山です。(平野部では桜が咲く季節でも山はまだ冬です)
今回の訓練はそうした危険性について、安易な考えで取り組んだ結果としか思えません。
雪が降りしきる中、斜面で訓練をする必要があったのか疑問に思います。
雪崩の危険性を考え、異を唱える責任者はいなかったのでしょうか。
こういう場合の責任者の答えは決まって”大丈夫だと思った”でしょう。
自然を侮っていたとしか言えません。
山が好きで参加した結果がこれでは可哀想すぎます。

by yoshi (2017-03-29 16:52) 

草笛:はっちゃん

yoshiさま

ほんと・・本当ですね!
どう考えてもおかしいです。
大勢の未来ある若者がこんなにもあっという間に。
やり場の無い怒りと哀しみと・・。
安らかに・・と祈る事しか出来ません。
by 草笛:はっちゃん (2017-03-29 19:23) 

yoshi

はっちゃん様

遺族の方、特にご両親はこの悲しみ、怒りをどこにぶつければいいのでしょうか・・・
言葉が見つかりません。
by yoshi (2017-03-29 21:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0