So-net無料ブログ作成
検索選択

千曲川 [草笛]

五木ひろしさんの歌でヒットしたご当地ソングですが、音域が広く草笛では超難曲です。
ヤブコウジではコンスタントに最高音が出ませんのでリーフルを使用しました。


リーフル(片手)


千曲川
作詞:山口洋子
作曲:猪俣公章
歌:五木ひろし

作詞者の山口洋子さんは実際に千曲川を見たことがなく、島崎藤村の「千曲川旅情の歌」を読み、地図を見て想像して書いたそうです。
詩を読むと、ところどころにその情景を垣間見ることが出来ます。

1.
水の流れに 花びらを
そっと浮かべて 泣いたひと
忘れな草に かえらぬ初恋(こい)を
思い出させる 信濃の旅路(たび)よ

2.
明日はいずこか 浮雲に
煙たなびく 浅間山
呼べどはるかに 都は遠く
秋の風立つ すすきの径(みち)よ

3.
一人たどれば 草笛の
音いろ哀しき 千曲川
よせるさざ波 くれゆく岸に
里の灯ともる 信濃の旅路(たび)よ